害虫や害獣の駆除について

ハクビシンの季節別行動パターンとは

季節によって行動パターンが異なる

季節によって行動パターンが異なる
ハクビシンの被害に悩まされている人もいるのではないでしょうか。
ハクビシンは、季節ごとに行動パターンが異なります。
季節ごとの行動パターンを知り、適切な対策を行うことが大切です。
ハクビシンは冬眠をしない生き物ですが、寒さに弱いという特徴があるため、暖かい家に侵入してきます。
特に、屋根裏や天井裏など暖かくて暗い場所を好むため、住み着かれてしまったという人も少なくありません。
寒い季節では、動き回らずに寝床を中心に暮らすため、気が付かないという人もいるでしょう。
ハクビシンは冬場でも、周囲に食べ物があれば暮らすことができるため、できるだけハクビシンの餌になる食べ物は置かないように注意が必要です。
夏になると、温度が高い屋根裏や天井裏から出て行くことが多いですが、畑や家庭菜園をしている場合は、作物の収穫時期になると再び戻ってきます。
学習能力に優れているハクビシンは、餌がある場所を覚えており、一年中ハクビシンの被害に悩まされている人もいるでしょう。
同じ場所に糞をするという習性もあるため、一度住み着いた場所は中々離れません。
ハクビシンの季節ごとの行動パターンを把握し、侵入させない予防対策が必要です。

ハクビシンの子どもが増える前に駆除しよう

ハクビシンの子どもが増える前に駆除しよう
ハクビシンの繁殖期は、特に季節が決まっているというわけではありませんが、暖かくなる春先によく繁殖行為をすると言われています。
繁殖力も高いため、子供が増える前に駆除する必要があるでしょう。
通常、ハクビシンは1回の出産で2〜4匹ほど産みます。
成長スピードが早く、妊娠期間も短いため放置してしまうと、屋根裏や天井裏に何十匹も住み着いていたというケースもあるほどです。
ハクビシンを発見したときは、できるだけ早く駆除したいものですが、季節ごとの行動パターンを把握できても自分で駆除することは難しいでしょう。
また、ハクビシンの駆除は許可がおりなければできないため、素人では捕まえることができません。
害虫駆除などの専門業者は、ハクビシンの行動パターンもよく理解しているので、適切な対応をします。
ハクビシンの被害に悩まされているという人は、相談してみてはいかがでしょうか。