害虫や害獣の駆除について

ハクビシンの鳴き声とは

ハクビシンの鳴き声

ハクビシンの鳴き声
近年、ハクビシンという動物が都会でもよく見られるようになりました。
タヌキや猫のように見えるハクビシンですが、運動能力が非常に高く、簡単に侵入されてしまいます。
ハクビシンに屋根裏や天井裏を住処にされると、糞尿による臭いや健康の被害、騒音被害に遭う恐れがあります。
ハクビシンは菌を持っており、人間にうつると感染症や病気を発症してしまう危険性があるのです。
また、糞の影響により天井が抜け落ちるほどの被害に遭ったという人もいると言われており、家そのものにダメージも与えます。
見た目は可愛いハクビシンですが、害獣としての一面もあるのです。
ハクビシンの鳴き声は大きく、恐ろしいと感じるでしょう。
猫が喧嘩しているような鳴き声が聞こえたときは、ハクビシンかもしれません。
ハクビシンの鳴き声は威嚇するためです。
動物同士が喧嘩していると、ハクビシンは鳴き声をあげます。
喧嘩するような鳴き声が聞こえたときは、数匹いると考えて良いでしょう。
ハクビシンは、興奮状態や怒っているときに大きな鳴き声をあげます。
特に、威嚇しているときは唸り声に近い声を出し、相手をけん制します。
ハクビシンは夜行性なので、夜中から明け方にかけて鳴き声をあげることが多いです。
寝ているときに、大きな鳴き声をあげられると安眠できず、日常生活に支障をきたすのではないでしょうか。
放置せず、駆除業者に依頼して対策をしましょう。

駆除や対策は早めに

駆除や対策は早めに
大きな鳴き声や唸り声を聞くと、人間に襲いかかってくるのではないか、噛まれるのではないかと不安に思う人もいるでしょう。
毎日怯えながらハクビシンと生活しないためにも、ハクビシンに住み着かれている危険性があるのであれば、できるだけ早く駆除しましょう。
屋根裏や天井裏から鳴き声が聞こえてきたときは要注意です。
ハクビシンの習性の一つに、決まった場所で糞をするというのがあります。
一度、侵入を許すと長く住み着かれてしまうことも少なくありません。
また、一匹だけでなく数匹、数十匹ものハクビシンに住み着かれてしまうことがあるため、ハクビシン対策や駆除はできるだけ早く依頼しましょう。