害虫や害獣の駆除について

害獣と言われるハクビシンとは

近年、住宅地でも目撃されることが多くなったハクビシンですが、見た目が可愛いことから油断してしまう人も多いでしょう。
ハクビシンは可愛らしい見た目をしていますが、住宅の壁や天井などのわずかな隙間から侵入して屋根裏などに住み着き、糞尿被害や農作物を食い荒らすなど様々な被害に遭っている人が増えています。
そのため、ハクビシン被害を放置していると、さらに被害が拡大してしまう恐れもあるため、早めに対策をとることが大切です。
しかし、ハクビシンは、鳥獣保護法によって野生生物の保護の対象となっているため、勝手に捕獲したり駆除をしたりすることはできません。
許可を受けた上でしか捕獲することはできないのです。
そのため、ハクビシン駆除を依頼する際には、ハクビシンについて知っておきましょう。

ハクビシンの運動能力は非常に優れているため、簡単な対策では駆除や被害を防ぐことができません。被害に遭っている人もいるでしょう。ハクビシンの駆除は業者に依頼すると安心です。

猫が喧嘩しているような鳴き声が聞こえたときは、ハクビシンかもしれません。数匹、数十匹ものハクビシンに住み着かれてしまう恐れがあるため、対策や駆除はできるだけ早く対応しましょう。

ハクビシンは季節ごとに行動パターンが異なります。害虫駆除などの専門業者は、季節ごとに異なるハクビシンの行動パターンもよく理解しているため、適切な対応を行います。