害虫や害獣の駆除について

ハエの被害と生態

身近な虫でもあるハエについて

身近な虫でもあるハエについて

人間にとって非常に身近な存在でもあり、多くの人が警戒心を持っていない虫といえばハエです。
しかしハエは様々な被害をもたらすことが知られており、いろいろな種類の病原菌を人間に媒介するため、結果的に重病に繋がる可能性も高いです。
比較的清潔な日本においてもハエによる被害は楽観視することができず、食中毒として知られるO-157を媒介することもあるのが特徴です。
ハエがもたらす被害は病気だけではなく、日常生活を快適に送りにくくしてしまうでしょう。
実際に住宅内に入ってしまえば飛び回って煩わしさを感じてしまいますし、目障りだと感じるケースもあります。
このように健康被害をもたらし、より良い生活を妨げる点もハエがもたらす脅威だといえるでしょう。
ハエには数千の種類があるといわれており、それぞれ特徴が異なります。
外部から侵入するだけではなくて自宅内で発生するケースもありますので、被害を生まないためにも清潔さを維持するようにしたいです。

ハエの生態について

ハエの生態について

上記のようにハエの種類は細かく分類すると数千種類あります。
各種類によって生態が異なりますが、はじめは卵の状態で、数日で幼虫が誕生しますが、それから1週間程度でさなぎになり、また1週間程度経過すると成虫になります。
日本における代表的なハエの一種でもあるイエバエは名前の通り住宅内に生息しており、外で見かけることはあまりありません。
台所をはじめとして水回り部分にいることも多く、しっかりと対策をしないとイエバエで悩むことになるでしょう。
またクロバエやニクバエの生態的にペットの糞を放置しておくとこれらが発生することが多くなり、当然のことながら衛生的には良くありません。
それぞれ生態が違ってくるのでひとまとめにすることはできませんが、基本的には清潔さを維持して、必要に応じて駆除をすることによりハエの被害を受けにくい生活を送れるでしょう。