害虫や害獣の駆除について

イナゴの被害と生態

イナゴの生態

イナゴの生態

イナゴは幼虫期に6、7回ほど脱皮をし、7月下旬から羽化します。
幼虫期は2、3ヶ月ほどで、成虫は約1ヶ月の産卵前、前期を経て産卵します。
大きさは、コバネイナゴは26〜30mm、ハネナガイナゴは25〜33mmほどです。
近年、イナゴの発生数が増加してきています。
イナゴなどのバッタ類の昆虫の大量発生による災害のことを蝗害といい、小さいイナゴは、大量発生しても被害がないようなイメージがありますが、イナゴは幼虫から成虫ともに、稲の茎や葉を食い荒らすため、農家ではイナゴの被害に悩まされていることも少なくありません。
関東では5月中旬になると、土の中の越冬卵から幼虫が現れ、冷涼地では6月になると発生し、移植後の苗を食べます。
イナゴは幼虫期に駆除すれば被害は食い止めることができますが、駆除のために農薬を使用しては、登熟歩合、千粒重を低下させ、収量、品質に影響してしまいます。
そのためにはイナゴを早く発見し、早期に対処する必要があります。

イナゴの駆除

イナゴの駆除

数匹であれば問題ありませんが、大量発生した場合には駆除する必要があります。
イナゴのような害虫は、1匹ずつ捕まえるわけにはいきません。
そのため、農薬を使用し、イナゴを駆除します。
稲などはできるだけ農薬を使わずに育てますが、稲が病気になり、茎や葉を食い荒らすと、お米は絶滅してしまうので、必要な分だけ農薬を使用し、イナゴから稲を守ります。
できるだけ少ない農薬で、効果的に駆除するためには、毎朝早い時間に稲を確認し、イナゴを発見する必要があります。
また、農薬を使用せずにイナゴを駆除する場合は、イナゴが産卵している田んぼと田んぼの境を春先に泥で固めると、イナゴの卵が土の中に埋まるため、発生を減らし、遅くすることができます。
しかし、このような作業は負担も大きいのでイナゴの被害に悩んでいる人は、害虫駆除専門の業者に依頼してみてはいかがでしょうか。
イナゴの生態をよく知っているため、適切で的確な駆除作業を行います。
稲が食い荒らされるなどの被害から守るために、専門知識を持った業者に依頼するのが良いでしょう。