害虫や害獣の駆除について

意外と知らないハトの生態と被害

ハトの糞による被害

ハトの糞による被害

よく神社や公園、駅などで見かけるハトは人間が与えた食べ物や道に落ちている食べ物を頼りに生きています。
食べ物が多い場所はハトの生活エリアとなります。
ハトによる被害を受けたことがある人が多いのではないでしょうか。
ハトの被害で最も多いのは糞による被害です。
ハトの生活エリアで糞による被害が多く、悪臭や汚れ、ダニやゴキブリなどの発生源となります。
また、アレルギー物質や寄生虫、病原体を媒介したり、ハトの糞には酸化成分が含まれているため金属を腐食させてしまうこともあります。
ハトは飛ぶこともできますので、様々な病原体やウィルスを媒介する可能性も考えられるでしょう。
ハトの糞を放置することで、これらの弊害リスクが高くなるため糞の放置はしてはいけません。
また、ハトはハトの糞があると安心する性質を持っているため、ハトの糞がハトを寄せ付け、悪循環が続きます。

なぜ同じ場所に糞をするのか

なぜ同じ場所に糞をするのか

ハトは同じ場所に糞を集中させる傾向があります。
それはなぜでしょうか。
ベランダの隅、屋上のある一部だけ糞が密集しているのを目撃したことが多くあるでしょう。
ハトの習性に同じ目線で生活するという傾向があるため、同じパターンで必ず同じ場所に止まる動きをします。
糞が自分の行動パターンの目印としていますので、自然と糞の場所が集中するのです。
また、ハトは沢山エサを食べます。
そのため、糞の量も多く、集団行動の習性があるハトは複数で飛来することにより放っておくと糞が山盛りになります。
ハトは場所への執着度が高い、根気強い、帰省本能が高い、諦めないという性格であるため、一度決めた場所に繰り返し糞をする傾向もあります。
ハトの糞被害は繰り返し行わせないように、早めに手を打つことが大切です。
家やマンションのベランダと同じ高さの正面にハトが止まっているときは注意してください。
糞の少ないうちに手を打つことがポイントです。