害虫や害獣の駆除について

家庭で冬を越すノミの生態

ノミの生態を知ろう

ノミの生態を知ろう

ノミは、夏だけに発生するものだと思っていませんか?
冬だからといって油断してはいけません。
暖かくなる春から夏にかけてノミは急激に発生しますが、冬もノミがいなくなるわけではありません。
冬にもしっかりとノミの生態を知り、対策を行うことが大切になります。
ノミが繁殖活動を活発に行うのは、13度以上のときです。
卵から幼虫、さなぎ、成虫と成長していくのがノミの生態です。
気温が13度以下のとき、ノミは羽化せず暖かくなる時期まで待っており、春から夏にかけて一気に羽化します。
しかし、今は冬でも室内の温度が13度以上あるため、畳やカーペットなどにノミは隠れて繁殖活動を行っています。
夏に比べて数は少ないですが、数がすくないうちにノミを駆除しておくことが大切です。

部屋を清潔に保つのが一番の対策

部屋を清潔に保つのが一番の対策

ノミは、一度に20個から50個ほどの卵を産み、4ヶ月ほどの間で2000個くらいの卵を産みます。
一年中、繁殖活動をするのがノミの生態なので、駆除は非常に大変です。
冬の時期に掃除を行い、清潔さを保つのが一番の対策です。
暗く湿っている場所、床、絨毯、家具の下など、あらゆるところに生息しており、殺しただけではアレルギーとなる源は消えません。
ノミの存在自体を除去していくことが必要になります。
特に、幼虫の時期の対策が重要です。
幼虫を駆除しなければ、繰り返し発生します。
そのため、幼虫が生息している場所を特定しなければいけません。
すべての場所を、個人で対策するのは非常に困難のため、害虫駆除専門業者に依頼しましょう。
畳を上げ、家具を移動させて駆除します。
また、害虫駆除専門業者はノミの駆除に有効な液剤や、粉剤など使用するため、効率よく駆除することが必要です。
人間が好む温度はノミも好むという生態なので、しっかりと対策や駆除をしなければ、ノミに咬まれることや、伝染病に至るケースもあります。
犬や猫などペットを飼っている場合は、ペットの毛の中に潜り込むので、しっかりと洗ってあげましょう。