害虫や害獣の駆除について

家庭に潜むダニの種類と生態

ダニの生態

ダニの生態

アレルギーの原因となるダニは、家庭のいたるところに潜んでいるもので、人やペット動物に悪影響を与えます。
家庭内に潜むダニの多くはチリダニと呼ばれ、絨毯や枕、布団などの中に生息しています。
ダニといえば、人を刺す、噛むというイメージがありますが、そうした習性のあるダニは一部の種類です。
チリダニは直接、人を刺すわけではありませんが、チリダニの死骸や糞が空気中に舞い上がり、それを吸い込むとアレルギー症状を引き起こす原因になります。
チリダニは、人のフケやアカ、脂などをエサにして増殖します。
わずか1グラムのフケやアカがあれば、300匹ほどのダニが生息できるとされています。
ダニはほとんどの家庭に生息していますが、ダニの生態を知ることでアレルギーの予防や適切な対応が可能になるので、健康で快適な暮らしのためにはダニの生態について知ることが大切です。

ダニは殺すだけではダメ

ダニは殺すだけではダメ

人と最も関わりのあるチリダニは、喘息や鼻炎、アトピーの症状を引き起こす原因です。
肉眼で見ることが難しいほど小さい体をしているので、気がつきにくいチリダニは、殺虫剤で退治しても死骸まで取り除かなければ駆除の意味がありません。
チリダニは、湿気があって暖かい場所に生息します。
温度は20度から30度、湿気は60%から80%を好むので、人が快適だと感じる環境はチリダニにとっても居心地が良いのです。
チリダニの寿命は2~3ヶ月ですが、数日に1~2個の卵を産むため、相当なスピードで繁殖します。
また、1日に5回程度は糞をするので、放置しておくとアレルギーの原因を溜めていくことになります。
チリダニは熱に弱いので、駆除するにはチリダニが生息しやすい絨毯や寝具を天日干しするか、乾燥機にかけると効果的です。
また、ダニの死骸は吸引力が強い掃除機で残らず吸い取りましょう。
人のフケやアカ、脂などは、気をつけていても自然に部屋に残ってしまうものです。
家庭のどこにでも生息しているダニですが、日頃から掃除機を念入りにかけたり、頻繁に天日干しをする習慣をつけることで、アレルギーの症状を抑えることができます。