害虫や害獣の駆除について

都会でも急増するネズミの種類と生態

都会でも急増しているネズミの被害とは?

都会でも急増しているネズミの被害とは?

ネズミと聞くと、キャラクターデザインに見られるような可愛いらしいイメージを持たれることが多いかもしれません。
しかし現実には、ネズミは決して可愛いだけの生き物ではありません。
最近、都会などで特に増殖が目立つのがドブネズミ、クマネズミ、ハツカネズミの3種のネズミです。
体長ではドブネズミが最も大きく、それに続いてクマネズミ、ハツカネズミという順番になります。
生態を見てみると、最も獰猛なのはドブネズミですが、この3種類で共通しているのは何でも食べる雑食性の生き物であるという点です。
雑食なので、人間の食べる物でも、それ以外でもあらゆるものを食餌として繁殖していきます。
身体が大きく獰猛で、最強に見えるドブネズミですが、実は床下や下水溝、川辺付近など水辺の近くなどに生息していることが多いため、網渡りなどは苦手です。
それに対し、他の2種は伝線やコード類などを伝って走る網渡りが得意です。
また、クマネズミはいろいろなところを伝って移動する器用さもあり、家の中でも巣を作って繁殖します。
そしてハツカネズミは、農村など自然が豊かな環境にある建物内に生息するなど、生態の違いがあります。
ネズミは見た目には可愛くても、旺盛な繁殖力で急速に個体数が増え、近くに棲み着くことでダニやノミを媒介したり、病原菌をまきちらすなど衛生面の問題もあるため、早急に駆除が必要です。

都会で増えるネズミ対策は?

都会で増えるネズミ対策は?

ネズミの繁殖力は、生態を見てみてもわかるように、1回で多くの仔を出産します。
さらに成長スピードも早いため、あっという間に「ネズミ算式に」繁殖し、駆除が追いつきにくいのが悩みです。
最近の都会で多く見かけ、特に増殖傾向にあるのはクマネズミと言われていますが、跳躍力など身体能力に優れており、様々な場所に登ったり行き来することができるので要注意です。
いくら可愛い小動物でも、身近で無制限に数が増えてしまうと、家屋内にもダニやノミ、フンなどの汚れ等、様々な害が発生します。
だからこそ、増える前にしっかり駆除していくことが大切です。
駆除するための道具はいろいろ市販されていますが、侵入経路を見つけて、それに沿って罠を仕掛けることが大切です。
また、巣作りの材料となるものも与えないようにするなどの注意をすることで、駆除の効果が上がります。
しかし賢いネズミには罠が見破られることも多いので、家の中でネズミを見つけたら、専門の駆除業者に相談して素早く対処しましょう。