害虫や害獣の駆除について

身近な害虫の豆知識

人にとっての快適な環境は、害虫にとっても同じことです。
見るだけでも不快なゴキブリや、強烈な臭気で敵を撃退するカメムシ、木の家を喰い尽すシロアリ、刺されると命に関わることもあるスズメバチなど、人間の暮らしは常に害虫の存在と被害と隣り合わせにあると言って良いでしょう。
不快で有害な害虫は、専門業者に駆除を任せるのが一番です。
しかしその前に、なぜそこに害虫が発生し繁殖したか、原因を突き止めることも非常に大切です。
原因そのものに対処しない限り、害虫は快適な場所で再び繁殖を繰り返す可能性が高いからです。
またハチの巣などのように、不用意に手を出さず速やかに駆除を依頼すべきものもあります。
人命や財産、快適な生活を維持するための害虫駆除においては、日頃のメンテナンスと適切な判断のための正しい知識を身につけておくことが大切なのです。

害虫駆除の中でもゴキブリは厄介です。水回りや食べ物のある場所に出没し、雑菌や病原菌を撒き散らします。通常の殺虫剤では効果が出にくいので専用の殺虫剤やホウ酸だんごなどが有効です。

シロアリは木質を好んで食べるため、木造建築で被害を受けていたら駆除業者に相談しましょう。一時的な駆除では増殖が再開するので、住みかとなりそうな木材などは速やかに撤去しましょう。

ハチは地方によって種類が違うので、巣を見つけたら種類や特徴を確認しましょう。スズメバチなどに刺されると命に関わることもあるので、専門の駆除業者に速やかに相談しましょう。

害虫は、見た目が不快なゴキブリ、たまらんニオイのカメムシ、刺されると危ないスズメバチ、人様の家を喰い荒らすシロアリなど様々です。危険な害虫は早急に駆除業者に相談しましょう。

屋根裏から物音が聞こえたとき、もしかしたら犯人はハクビシンかもしれません。ハクビシンは屋根裏に住み着くと健康被害をもたらすこともあるので、駆除など早めの対処が求められます。

都会で急激に増殖している生き物がネズミです。急増することによって人間にも様々な害を与えるネズミの生態についてご紹介します。ネズミの特徴をしっかり知って駆除などの対策を取りましょう。

カラスの種類は大きくはハシブトガラスとハシボソガラスの2種類に分けられます。それぞれに生態の違いや特徴があります。ゴミを荒らすカラスへの対策は決まった場所と時間に出すことです。

ダニはほとんどの家庭に潜んでいます。ダニの生態を知ることで、アレルギーの予防ができたり、家庭内で適切な対応ができるため、快適に暮らすためにもダニの生態について知る必要があります。

ノミは卵、幼虫、さなぎ、成虫と成長し、一年中繁殖活動します。数が少ない冬の間に、ノミ対策を行うことが重要です。個人で対策するのは困難なため害虫駆除専門業者に依頼しましょう。

人が嫌う害虫の一つ、ムカデは 15~100以上にも及ぶ体節があるのが特徴で、脱皮をして成長していきます。その毒性は強く、乳幼児やその時の体調によって脅威になるため注意が必要です。

ハトの被害で最も多いのは糞による被害です。ハトは同じ場所に糞を集中させる傾向があります。そのため、ハトの糞被害は繰り返し行わせないように、早めに手を打つことが大切です。

蛾や毛虫の生態を知らずに誤って触れてしまうと、激しいかゆみや痛み、発疹などの症状が出ることがあります。被害が大きくなる前に、害虫駆除の専門業者に依頼することが大切です。

イナゴは幼虫から成虫ともに、稲の茎や葉を食い荒らします。幼虫期に駆除すれば被害は食い止めることができます。イナゴの被害に悩んでいる人は、害虫駆除専門の業者に依頼しましょう。

スズメバチの巣作りが盛んになる夏から秋にかけては、被害や相談が増える季節です。スズメバチの生態を知り、近づかないことが大切です。見かけたら、専門の駆除業者へ依頼しましょう。

人間にとってとても身近な害虫であるハエは、病気をもたらすだけではなく日常生活を不快にする存在です。不潔なものを好む生態であるため、できるだけ清潔さを維持してください。

臭いにおいを出すカメムシは食物の養分を吸い取ります。被害に気がつかない人が多いですが、放置をしていると被害が拡大する恐れがあるため正しい方法で駆除をしなければなりません。

ハクビシンの被害がでている被害地は、沖縄県以外の日本全国の都道府県に及んでいます。最近のハクビシンの被害は農家や家庭菜園をしているような住宅ではなく、一般家庭に多く見られるのです。