ハクビシンって

ハクビシンって

ハクビシン(Paguma larvata)は1属1種で、ネコ目ジャコウネコ科に分類されている。南方系の動物であり、東南アジア、中国南東部、台湾、インド、スマトラ、ボルネオ、ジャワ等、東南アジアにかけて広く分布している。

日本では昭和20年代初頭に四国、静岡県、山梨県、福島県にまばらに分布していたものが、徐々に分布域を拡大し、現在では南東北から中部、四国で分布が集中している。分布情報と捕獲情報より、現在のハクビシンの分布状況をみると、大阪府、鳥取県、大分県、沖縄県を除く43都道府県に分布し、ほぼ全国的に生息している。

ハクビシンは外来種?

本種が外来種か在来種であるかについては諸説があり、未だ断定されていない。外来種であるという説は、

  1. 分布域が連続しておらず、大陸からの移動経路となる九州や北海道に連続的に生息していないこと
  2. わが国ではジャコウネコ科の化石が見つかっていないこと
  3. 戦前から戦後にかけての毛皮需要の際に輸入・飼育されていた時期があること

が理由となっている。一方、在来種であるという説は、

  1. 江戸時代の書物に雷獣としてハクビシンが描かれていること
  2. 日本の個体の頭骨計測値や形態学的特徴が海外のものと異なること

が理由となっている。

体長 49~76㎝
尾長 40~63㎝
体重 3~5㎏

食性は植物食傾向の強い雑食で、果実、種子、小動物、鳥、鳥の卵などを食べ、中でも果実を好みます。